第92回★自由奔放!子供のおもしろアクション・セリフ

「トラバス観光」ブロガイドのクリスティーヌ松本でございま~す。
親戚に赤ちゃんが生まれて、そのかわいらしさにすっかりメロメロ。
毎週のように通い詰めてしまっているわたしでございます~。

そんなわけで今回のお題は、

・自由奔放!子供のおもしろアクション・セリフ

赤ちゃんや子供は、ときに予想もつかないような行動をするもの。
食べられないものを食べてしまおうとした、
ちょっとおかしな言い間違いをしたなど、
びっくりさせられたりヒヤヒヤさせられたり、
あるいは楽しませてくれたり、ハッとさせられることがあったり…
そんなエピソードを大募集します!

周りの子供のことでも、幼い頃の自分の武勇伝?でもOK。
お子さんがいらっしゃるご家庭の方などは、
きっとネタには事欠かないのではないでしょうか?

特定のテーマで記事を書くと、抽選でプレゼントが当たる
ただいま開催中のブログ&アルバムキャンペーン
このお得なキャンペーン、「子供」も対象テーマのひとつです!
ぜひ、お題と合わせて、チャレンジしてみてくださいませ~。

■前回のお題「母の日!感謝の気持ちを綴ってみよう」について

なかなか声に出しては言えない、あまり共に過ごした日が多くない…
でも感謝しているし、するのは当然だ!というトラックバックが
寄せられていました。

ありがとうよりごめんなさいのほうが多い!という思いを語ったり、
すでになくなってしまったお母さんに「見守ってくれてありがとう」
と呼びかけるなど、それぞれの形はあるものの、思いやりの溢れる
胸がじんとする内容ばかりでございました!

「cat」winterさんは、中学生時代に、気恥ずかしいながらも
1本のカーネーションを送ったのだそう。
http://yn2995.at.webry.info/200805/article_8.html
すでにお亡くなりになっている今も、感謝の気持ちは変わらない。
きっとお二人には強い絆があったんだろうなあ…と感じました。

離れて暮らしているお母さんに、お手紙とケーキを送ったのは、
「ねぇさんのMy Favorite Things」ますピさん。
http://89022553.at.webry.info/200805/article_1.html
お母さんは、ずっと離れて暮らしていた祖母を心配していて、
ますピさんも同じ状況になり、お母さんの心境がわかったそう。

母への感謝のあとは、元気溢れる子供たちに目を向けてみましょう!
みなさまのご参加、ぜひぜひお待ちしておりま~す。

この記事へのトラックバック